TAKUTO YOSHINO

デジハリで勉強したこと その3「ポスター制作」

デジハリのコースが始まって3ヶ月めの課題が「ポスター制作」でした。

自分たちより一つ前の代の人達が参加するクリエイターズオーディション用のポスターです。最終的に一人選ばれ、実際に貼り出してくれます。僕は残念ながら選ばれませんでした。

コンセプトは「デジタルモンスター」

デジタルモンスターとは?という問いに各自イメージを膨らませ、ビジュアル化していきます。これは実際のデザイン業務と同じですね。

仕事では、初期にお客さんからヒアリングをするのですが、この時に重要なのが当然のことながら「言葉の捉え方」です。

会話の中で、お客さんがどんな言葉を発しているのか。

どういう価値観を大切にしているのか。

言葉の裏にある世界観はなにか。

デザイン初期で大切なのは、伝えたい世界観をビジュアル化することです。ここで問われるのは、本質を見抜く思考力、言葉からイメージを膨らませる力、そしてそれを実現させるスキルです。

と、話がズレましたが、課題「ポスター制作」で僕が作ったのがこちら。

初めてのポスターにしては、どうでしょうか…

右側の作り込みが簡易すぎました。

「CREATORS AUDITION」も、今見るとなぜこんな丸みのあるフォントを選定したのか自分でも不思議です。

ちなみに、入れるテキストは先生から渡され、それをレイアウトしていきます。ビジュアルだけでなくレイアウトの話も授業内であります。

Archive