TAKUTO YOSHINO

デジハリで勉強したこと その1「たまご型キャラクター制作」

デジハリに通っていたのは、この記事を書いている時から約2年半前…
細かい授業内容はもはや覚えていないので、メインとしてアウトプットしたものだけをざっくり取り上げます。

こんなことするんだな、これぐらいできればいいんだな、という雰囲気を感じ取って勉強の参考にしていただければ幸いです。

とにかくトレース

コースが始まって最初にやるのが「Illustrator/イラストレーター」です。以下「イラレ」。イラレはベクター画像になっていて…とか細かいことは、ここでははぶきますね。

最初はイラレの操作に慣れるため、ペンツールを使って線を引く練習をします。

一本線を引いて、
ギザギザ線を引いて、
丸を描いて、
ハートを描いて、

簡単なオブジェクトを用意された下書きになぞって作っていきます。

ペンツールの操作は独特なので、トレースを続けて感覚を掴んでいきます。ただひたすら繰り返して。

たまご型キャラクター制作

ある程度慣れてきたところで最初の課題が発表されます。たまご型キャラクター制作です。

ベースとなるたまごの形状があって、それを元にイラレでオブジェクトを追加し、キャラクターを作り上げます。

僕は紙に手書きでざっくりイラストを描いてから、それをトレース、整形しました。

完成したのがこちら。制作時間は3時間ぐらいです。

 

Archive